亘理町滞在記05

本日は床だけでなく壁もはがしました。学生のころにとび職のアルバイトをしていたので、木造住宅の基礎部分についてはけっこう詳しいほうだと思うのですが、土台より上のことになってしまうと私もまるきり素人です。きょうは現場監督出身のAさんがいたので、いろいろと教えてもらいながら作業を進めていきました。
 
この数日間の経験を通して、体力の衰えを痛感し、現場ではたいした役には立てないことがよくわかってしまいました。東京に帰ったら仕事をがんばって違う形で貢献していきたいと思います。
 
ボラセンに戻ってから高速道路を無料で利用するための書類をもらい、役場で証明書を発行してもらってからお風呂に入りました。夜は松島あたりのホテルに泊まって豪華な食事をしてみようかとも思いましたが、せっかくなのでMさんたちの食卓に入れてもらいました。
 
今回の旅では、復興地の様子をじかに見られたことももちろん有意義でしたが、いろいろな人に出会えたことはそれ以上に貴重な体験だったと思いました。
 

NoImage

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……