初級業務研修会

開業から半年近く経った本日、ようやく「初級業務研修会」というものを受けることができました。例年この時期に行われているようですので、4月に開業した私は半年遅れで受けることになります。11月に開業した人などはさらに時間が空いてしまいます。

 

行政書士には強制的に受けさせられる実務研修のようなものがありません。ですから、開業した直後は、たとえ依頼が来たとしてもどうやって仕事をしたらよいのかわからないという状況に陥る危険性があります。個人的には、今回のような研修を開業の前後で強制的に受けさせるべきなのではないかと思っておりますが、人数が多いので難しいのかもしれません。

 

それはともかく、これから渋谷で数日にわたって表題の研修が開催される予定ですので、積極的に参加していこうと思います。

 

本日は、午前中は法人設立と会計記帳について、お昼を挟んで入管関係と風営許可を2時間ずつという内容でした。

 

各回ともにいろいろと勉強になりました。ただ、2時間ずつだとあまり深い内容には触れられないようで、講師ももどかしそうでした。テーマにもよりますが、個人的には3時間を2コマのほうがよいのではないかと思います。

 

明日以降、復習しながらそれぞれの中身について書いていこうと思います。

 

NoImage

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……