初めての建設業許可申請

宅建業の研修を受けた後、お昼を挟んで建設業許可についての研修を受けました。

 

自己紹介にも書いてあるとおり、学生のころはとび職のアルバイトに明け暮れていました。当時は許可のことなどは考えたこともありませんでしたが、給料をもらっていた封筒を確認してみると、しっかり「東京都知事許可」と印刷されています。

 

こちらの研修は、東京都が発行している手引についての説明が中心でした。時間が限られていたこともあり、これまで市販の書籍などで勉強してきた内容についての再確認という感じで終わってしまいました。私としては、申請書類よりも財務諸表を作成する際の注意点についてじっくり話を聞きたかったところです。しかし、建設業の基礎だけでも覚えることはたくさんありますので、財務諸表については独立した講座を立てないと説明できないのかもしれません。新規の申請を受けることがある前に、財務諸表についてもしっかり勉強しておく必要があります。

 

正直、会計は苦手な分野なのですが、そんなことをいってもいられないので、時間を見つけて勉強していくしかありません。おそらく、慣れれば決算書類などもすんなり読み取れるようになるのでしょう。

 

個人的には、これからも建設業界に関わっていきたいという希望はあります。ただ、すっかり体がなまってしまった今では、現場で動いたところで邪魔になるだけでしょうから、資格を生かして少しでも現場の人たちの力になれたらと思っております。

 

NoImage

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……