建設業許可申請

学生時代にたいへんお世話になっていた親方から依頼を頂けました。私が開業した年が更新年度だったことに縁を感じます。

 

更新ですので、申請書類の作成自体にはそれほど手間がかかりませんでした。しかし、決算変更届も同時に提出する必要がありましたので、むしろそちらに時間がかかりました。

 

普段は「土建」に頼んでいるそうですが、その価格を聞いて驚かされました。独立した事務所を構えている人が同じ値段で受けていたら、大赤字になってしまうことでしょう。私のように実家に間借りしている人間でさえ、その値段で引き受け続けていたら、生活していくのは厳しいのではないでしょうか。

 

今回はお世話になった方からの依頼でしたので、価格のことは考えずに引き受けさせていただきました。おかげで財務諸表や工事経歴書の作成も経験できましたので、今後は新規の許可申請も引き受けることができそうです。

 

また、今回の経験で実務の進め方や手間のかかり具合が理解できましたので、次のお客様からは一般的な料金で引き受けていこうと思います。

 

お値段以上の経験を得ることができ、とても感謝しております。

 

NoImage

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……