【FP3級】03金融資産運用設計その1

※旧サイトから移転しました(2015.05.30)
 
いわゆる「投資」の話を中心に。これまで意識的に避けてきた分野なので、私にとっては最大の難所となりそうです。
 
この科目は13項目に分かれています。
 
[1.マーケット環境の理解]
GDPは「国内」であれば「どの国籍の人が稼いでも」加算され、GNPは「日本人」であれば「どの国で稼いでも」加算されるという理解で大丈夫なはず。
 
「売りオペ」と「買いオペ」もよく聞く用語です。私なりにつじつまを合わせてみました。間違っているかもしれません。
 

流れ 売りオペ 買いオペ
1. 日銀が民間銀行に債券を売る 日銀が民間銀行から債券を買う
2. 民間銀行の現金が減る 民間銀行に現金が増える
3. 現金を預けてもらいたい 余った現金を放出したい
4. 金利を上げる 金利を下げる
5. 市場から現金が減る 市場に現金が増える
6. 景気が悪くなる 景気が良くなる

 
[2.預貯金・金融類似商品等]
「単利」よりも「複利」のほうがお金が増えます。そして、銀行が「預金」で郵便局が「貯金」です。「ゆうちょ」という言葉もありますし。
 
[3.投資信託]
[4.債券投資]
[5.株式投資]
[6.外貨建商品]
当たり前ですが、安く買って高く売ればもうかります。「債券」と「株式」のもっとも大きな違いは、期限があるかないかという点でしょうか。株主になると、原則的には会社の経営に関与することになるのですが、その点についてはあまり問われないようです。
 
そして、「他人から集めたお金で債券や株式の売り買いをして、預かったお金を増やそうとしてくれる」のが、「信託」のイメージです。それぞれかなり細かいので、いつか整理しようと思っています。
 
外国の債券や株式を売り買いするときには、為替レートによる計算と、通貨を交換するための手数料の計算が追加されます。ここもなかなか複雑だったので流しておきました。
 
[7.保険商品]
こちらは2科目目の「リスク管理」で学習します。
 
[8.金融派生商品]
「先物取引」は将来に取引をする約束、「オプション取引」は将来に取引できる権利という感じでしょうか。「スワップ取引」は、二種類の通貨が出てきたら「通貨スワップ」になりそうです。
 
[9.ポートフォリオ運用]
いろいろな商品を買ってリスクを減らそうとすること。どこかで損をしても違うもので取り返せば良し。競馬でたくさんの組み合わせを買うイメージで。
 
[10.金融商品と税金]
もうかったときにかかる税金です。20%が多いのですが、非課税の部分もあります。
 
[11.セーフティネット]
「1,000万円」がポイント。全額補償もあるので注意。
 
[12.関連法規]
「消費者が不利な契約は取り消せる」ことと、「損害を受けたら賠償請求ができる」ことを覚えておきましょう。いずれも条件はあります。
 
[13.金融資産運用の最新の動向]
こちらは例によって全体的に。
 
私自身が苦手とする分野なので、多くの部分を「見送り」としてしまいました。ただ、過去問は自信がないながらも8割以上は正解を選べています。今後、きちんと整理して知識を定着させていきたいところです。

NoImage

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……