平成23年度行政書士試験の監督をしました

明治大学和泉校舎(明大前)にて、補助監督員を務めさせていただきました。

 

昨年度は私も受験生でした。法政大学の多摩キャンパスで受験したのですが、あの日はかなり寒かった記憶があります。今年度は3月の京都大学不正入試事件を受けて「ひざかけ使用禁止」という規定ができたにもかかわらず、試験要項にはそのことが書かれていませんでした。ですから、その場になって問題が起きるのではないかと心配していたのですが、天気が良くて暖かかったこともあり、少なくとも私が担当した教室では、ひざかけの使用を希望する方はいなかったようです。

 

教室の設営を終えてからお弁当をいただき、ふたたび教室に戻るまで20分ほど時間がありましたので、受験会場の様子を写真に残しておこうと思って校舎の外に出てみました。すると、キャンパス内には12時の開場を待つ受験生がひしめいています。最終確認をしている方々の真剣な様子に、個人的な目的で写真を撮ろうとしていた自分が恥ずかしくなりました。

 

教室に入ってからは、さらに緊張感が高まったような気がします。私が担当した教室には100名ほどの受験生がいたのですが、みなさん集中していて水を打ったような静けさです。

 

試験中ももちろんその状態は続きます。張り詰めた空気に、こちらが圧倒されてしまいそうでした。

 

ここ数年の合格率からすると、この教室の中で合格するのは10名前後というところでしょう。そう考えるとかなりの難関です。あらためて自分が合格できたことに感謝し、今後も資格を生かしてがんばっていこうと思いました。

 

ここまで努力を続けてきた受験生には、良い結果が出ることを願っております。

 

寿駅

ロケ地:富士急行 寿駅 2011/11/12撮影

 

寿駅

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……