【FP3級】08一周目の学習を終えて

※旧サイトから移転しました(2015.05.30)
 
前回までで、テキストに関してはすべての出題範囲に目を通しました。
 
なかなかの分量があり、細かい点まで覚えるとなると2か月後の試験までには間に合いそうもありません。ただ、テキストを読んだ後で過去問を解いてみると、だいたい8割くらいは正解できていました。行政書士試験のときは、過去問を最初に解いたときの正答率は3〜4割だったはずです。そう考えると、3級の試験ではそれほど難しい問題が出ないような気もします。ひょっとすると現時点で合格点が取れるかもしれません。ただ、早くも忘れ始めている知識がありますので、定着させるために過去問を繰り返していく必要はあるでしょう。また、実技試験の過去問にはまだ目を通していないので、そちらの難度によっては学習方法を変えていく可能性があります。
 
行政書士と生命保険募集人の資格を取り、宅建の学習もそれなりにしましたので、「リスク管理・不動産・相続」については、最初から半分くらいは理解していたつもりです。それに対して、「投資・税金」についてはほとんど知識がありませんでした。ですから、最初からFPを狙う人と比べると、かなりかたよった学習になりそうです。私の学習方法はあくまでも一つの例だと思ってください。
 
そもそも、このシリーズは、学習しながら気づいたことを適当にまとめているだけです。いちおう、他人に読まれることは意識していますが、つねに「学習している人のために役立つ情報」を意識しているわけではありません。どちらかというと、ただの感想文に近いです。
 
二周目からは細かい部分の解説もしていく予定ですが、あまり気負わずに続けていけたらと思っています。

NoImage

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……