Web戦略とでもいうのでしょうか

過去記事の移行も無事に終わり、古いホームページはお役ご免となりました。しかし、せっかくのドメインを遊ばせておくのはもったいないので、そちらは行政書士業務に特化したサイトにしてみようかと。

 

行政書士業務の紹介はこちらでもしているものの、今のところ料金以外には具体的な情報をほとんど載せていません。あまり情報が多すぎても、読むのが大変かなと思いまして。作るのはもっと大変ですし。

 

この形式だと、自分が申請できる(欠格要件などがない)ことは承知していて、書類の作成などを代行してくれる人間を探しているような人が相手なら問題ないのですが、そもそも申請できるのかどうかわからずに情報を探しているような人にとっては、たいした役には立ちません。

 

そこで、許可要件などについては専門サイトを作ってまとめてみることにしました。よく考えると、いろいろ良いことがありそうです。

 

1.情報を整理することで知識が強化される
2.知識が豊富だと思われて信頼度が上がる
3.困っている人に役立つ情報を提供できる
4.ページ数が増えてアクセス数も上昇する
5.予定がないことによる不安が解消される

 

ただし、2〜4に関しては、きちんとしたものを作らないと効果がないでしょう。むしろ、間違った情報を発信してしまうと、信頼を落としてしまいます。

 

きちんと調べて、なるべくわかりやすいものを作りたいところです。

 

まずは構成をしっかり考えなければなりません。そして、デザインも一から作り直す予定です。そうなると、公開はまだまだ先になりそうです。

 

例によってぼちぼちやっていこうと思います。

 

NoImage

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……