iPadを買いました その1

iPadを購入しました。さんざん迷ったあげくiPad2ではなく新型を。
 
さっそくいろいろ設定してみました。まだ少しいじっただけですが、うまく活用すれば仕事のやり方もずいぶん変わってきそうな予感がします。
 
仕事で使うにあたり、まずは日本語入力のアプリを探してみました。Macの日本語変換にはあまり良い印象がないもので。個人的には、MacOSの日本語レベルは一般的な小学4年生の男子と同じくらいという印象を持っています。
 
文字を入力する機会は多いでしょうから、余計なストレスを避けるためにATOK Padというアプリを入れてみることにしました。
 
iOSには入力支援専門のアプリを載せられないらしく、こちらも専用のテキストパッドを起動したときにだけ使えるようです。
 
ATOKPad ”z”がおかしなことに……。

いまのところストレスなく変換できています。
 
 
iPad購入に合わせてEvernoteも導入してみることにしました。これはかなり便利そうです。
 
先ほどのATOK Padからも直接Evernoteに送ることができます。送られたファイルをMacのEvernoteで開くと、こんな感じに。
 
EvernoteをMacで

Macで編集したものを再びクラウドに上げると……
 
iPadのEvernote

 
iPadのノートも更新されています。なるほど、話題になるわけです。
 
まだ少し続きます。次の記事では手書き入力とExcelファイルのやり取りについて。
 

手書きをEvernoteで

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……