宅建の主任者登録申請を

きのうは夕方から新宿で会合があったので、その前に都庁へ行って表題の申請をしてきました。お客様からの依頼ではなく、私自身が宅地建物取引主任者になるための登録申請です。
 
個人で登録するだけですから、これまで経験した許認可の申請に比べると、提出書類はかなり少なくて済みます。足りないものがあるのではないかと、少し不安になるほどでした。
 
窓口では、じっさいに不足していた書類はなかったものの、誓約書の日付が1か月近く前のものだったので、そこだけ訂正を求められてしまいました。お客様から誓約書を預かるときは、申請の直前にしたほうがよさそうです。
 
登録までには40日ほどかかるとのことでした。標準は30日ですから、少し混んでいるようです。主任者登録の窓口には一人も並んでいませんでしたが、不動産課自体にはそこそこの人がいました。年度末に更新する人が多いのでしょうか。本業が忙しい時期だと思うのですが……。
 
主任者の登録申請もしたことですし、そろそろ宅建業免許申請のページを追加してみようかと。未経験の業務ではありますが、建設業の申請などに通じる部分がありますので、5か月前の研修で得た知識と合わせれば対応する自信はあります。
 
開業してからそろそろ一年、のんびりとではありますが、いろいろな経験によって少しは成長しているのではないかと思う今日この頃です。
 

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……