報酬額とホームページ営業について

取引主任者の登録申請を機に、宅建業のページを追加してみました。ページを作るときにもっとも悩んだのは報酬額です。(これまで考えていませんでした)
 
「宅建 申請」で検索して上位に表示された同業者のサイトをのぞいてみると、けっこうな安値をつけてそれを強調しているところもあります。中には保証協会の加入や証明書の取得については別料金を取るような事務所もありますが、そこそこの価格で細かい部分まで面倒を見てくれるところもあるようです。
 
やはり件数をこなせる都心の大きな事務所にはかないません。価格で張り合っても勝てないことを痛感したので、開き直って自分が納得できる料金にしてみました。
 
ホームページでの集客を考えるのなら、何か特別なサービスがない限り、報酬額で勝負するしかありません。しかし、一般的な単語でこのホームページを探し出すのはかなり困難ですから、それほどこだわる必要もないのではないかと。
 
いまのところ、ホームページで初めて私の事務所を知ったお客様から依頼が来る可能性はほとんどないでしょう。ただ、いまどきホームページくらい持っていないと、ふとしたきっかけで出会った人などに、本気で営業していないと思われてしまう恐れがあります。
 
ブログでは私の良い部分を前面に出していますので、記事を読んで私に仕事を頼んでもいいかなと考えてくれる人が現れるかもしれません。そして、そのような人なら、最安値でなくても依頼してくれるのではないかという甘い期待も抱いています。
 

NoImage

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……