外出先での作業について

きのうは研修の後にどうしてもはずせない用事があったため、立川のカフェーでiPadから記事を投稿してみました。
 
作業時間は1時間少々でした。それほどの長時間ではなかったせいか画面の小ささは気にならなかったものの、入力の面では不満を感じる場面も多々ありました。この点に関してはまだまだ改善の余地があるのではないでしょうか。ローマ字を打つときと数字や記号を打つときとで、キーボードを切り替えなければならないのはかなり不便です。
 
ローマ字入力

基本的にはローマ字入力ですが……
 
数字と記号

数字や記号(「」など)を入力するときには切り替える必要があります。ですから、直前の文なども普段は何気なく入力していますが、iPadからだとけっこう面倒です。
 
MacBook Airにはそういったストレスがないものの、やはりメインのコンピュータを外に持ち出すのはちょっと気をつかいます。その点、iPadなら万が一のことがあってもそれほど困りません。
 
インターネットでの調べ物やPDFファイルの閲覧、そしてメールの送受信ならiPadでも十分です。閲覧に関してはむしろMacよりも使いやすいような気もします。しかし、そこそこの入力作業がある場合やスライドショーをする場合などは、やはりMacにはかないません。
 
お金のことを考えなければ、事務所ではiMacを使い、外では基本的にiPadを、そして、いざというときはAirの11インチを持ち歩きたいところです。
 
まあ、それほど作業に追われているわけではないのですが……。
 

ローマ字入力

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……