成年後見研修を受ける前に

本日から成年後見の基礎研修が始まります。
 
以前の記事にも書いたとおり、いまのところ成年後見の業務を積極的にやっていくつもりはあまりありません。おそらくヒルフェ(行政書士を中心とした成年後見支援センター?)に入ることもないでしょう。ただ、相談されたときなどには答えられるよう、知識はあったほうがよいのではないかと思いまして。ご近所にもお年寄りがかなり多いですし。
 
成年後見はコンサル業務だという話を聞いたときには、なるほどなと思いました。単発ものが多い行政書士業務の中にあって、顧客と継続的につながっていられる成年後見業務はたしかに貴重です。もちろん、やりがいもあるでしょう。ただ、どうしても「割が合わない」のではないかという感じがしてしまいます。
 
とはいえ、安定した収入を求めるのであれば、継続的な業務を持っておきたいところです。私としては、やはり学習教室の運営でそれができたらなと思っています。正直にいって、子どもがそれほど好きなわけでもないのですが、子どもの前で授業をするのはかなり好きです。半分は趣味のようなものですから、「割が合わない」という考えにもならないでしょう。
 
途中から話がそれてしまいましたが、もちろん成年後見の研修もしっかり受けていくつもりです。8月初旬までに全部で8回の講義がありますから、4か月後には考えが変わっているかもしれません。それはそれで少し楽しみではありますが……。
 
【参考】
ヒルフェ(一般社団法人成年後見支援センターヒルフェHP)

NoImage

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……