専門サイト制作日記06

今回は、「表示している個別ページによってサイドバーを変更する」という課題について。
 
たとえば、「建設、産廃、宅建」に、それぞれ10ずつのページがあるとします。それをすべてサイドバーに並べたとしたら、下の方にある宅建のページを選択するためには、いちいち画面をスクロールしなければなりません。そこで、業務ごとにサイドバーを変更して、宅建のページを開いているときには、関連するページだけを表示できるようにしてみようかと。
 
ようは、こんなイメージです。
 
0409_5

これについては、あまり専門的な知識がなくても、「宅建」や「建設」などのテンプレートを用意し、それぞれ表示させるサイドバーを指定しておけば解決できます。業種ごとにナビゲーションバーなどの色を変えているのと同じ要領ですね。
 
0409temp 赤枠内を変更します

ただ、この方法だとテンプレートの数が多くなってしまい、管理するのが面倒です。
 
そこで、PHPを利用して、条件によって表示させるサイドバーを指定してみました。
 
0409code1

3行目と11行目からの数行で、ページが「宅建業(id=243)」の場合にはメニュー(6)を、「建設業(id=220)」の場合にはメニュー(7)を表示させる指定をしています。
 
そして、7行目と15行目では、それぞれの子ページに対しても同じ指定をしています。この方法は新しく覚えました。もしかすると3行目と7行目をまとめられるのかもしれませんが。
 
ちなみに、メニュー(6)や(7)というのは、これのことです。
 
0409side

そして、中身はこんな感じになっています。
 
0409menu

結果はこうなりました。
 
0409_6 宅建業(子ページ)

 
0409_7 建設業(親ページ)

じっさいに投稿してみないとページのidはわからないので、ローカル環境での設定はこのあたりにしておきます。
 
あとは細かい点を調整して、それ以降は公開してからの作業になりそうです。
 

0409code1

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……