映画鑑賞と私

行政書士になってから、劇場で映画を見る機会が増えました。
 
そして、映画を見た後は、必ず感想を書くようにしています。開業直前に開設した非公式ブログに投稿していて、最近ではどの映画でもある程度の分量が書けるようになってきました。まあ、中身はたいしたことないのですが。
 
とはいえ、私なりにけっこうがんばって書いているつもりで、時間もそこそこかけています。本日も、夕べ見た『タイタニック』の感想を書いていたら、日が沈みかけていました。内容はともかく、せっかくそこまで手間をかけているのですから、これをホームページのアクセス数アップに生かせないものかと考えています。
 
ただ、この公式ブログとは雰囲気が違いすぎますので、そのまま混在させるわけにはいかないでしょう。かといって、映画専用のブログサイトを開設すると管理が面倒です。そこで、「更新情報」にしか使っていない専門サイトの「投稿」を利用する手を考えました。しかし、専門サイトの固定ページからブログへのリンクは張るつもりがないので、それが裏目に出る可能性もあります。
 
また、仕事のために映画の記事を書くようになると、「これも仕事だから」という理由をつけて、平日の昼間から堂々と映画を見に行く癖がついてしまう危険性もあります。そう考えると、現在のようにあくまでも趣味として続けていくのがよいのかもしれません。
 
まあ、最初からそれが当たり前といえば当たり前なのですが……。
 

NoImage

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……