FP受検と私

5月27日(日)にFP2級の試験を受けてきます。
 
3級を受けたのは1月でした。あのときは、「5月末の試験なんて、まだまだ先だな」と思っていたのですが、気づいたらあと一週間です。エンジンが温まらないままここまで来てしまいました。
 
春ごろから電車の中で一問一答集を読んではいたものの、睡魔に負けてしまうことも多く、先週の水曜日にようやく一周目を終えることができました。ただ、こちらは3級を受けるときにも何度か目を通しているので、そこそこの力がついているのではないかと思っています。まだ、けっこう間違えますけれども。
 
参考書と問題集は一冊ずつに絞ったのですが、これまたなかなか手を着けられず。実技の過去問を始めたのが連休明けでした。このときに初めてマークシートだけではないことを知って驚いたものです。だからといって、そこから集中できたわけでもなく、けっきょく1周目を終えるのにきのうまでかかってしまいました。
 
仮に今すぐ受けたとして、受かる確率は55%くらいでしょうか。苦手な問題が出なければ受かるだろうという感じです。あと一週間の間に苦手な部分を克服できたら、受かる確率はだいぶ上がるはず。しかし、なんとなく気が乗らないところがあります。
 
おそらく、年に3回のチャンスというのが、危機感に欠ける原因なのではないかと。あと、受かったからといって仕事が増えるわけでもないでしょうし。ただ、受検のために何度も東京まで行くのはイヤなので、なんとか一回で決めたいとは思っています。
 
そんなわけで、自分を追い込むためにこんな記事を書いてみました。
 

NoImage

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……