一人連載会議

先週の今ごろはFP2級の試験を受けていました。
(この時間はお昼を食べていましたが)
 
当日の夜は忙しかったので、月曜日の夜に自己採点をしてみました。学科は及第点だったようです。実技についても、単純に問題数で計算すると8割くらい取れていました。しかし、計算問題をけっこう間違えているので、配点によっては落第してしまうかもしれません。
 
試験の結果はおとなしく待つとして、受検日記を書いた日のアクセス数から考えたことなどを。
 
普段は20件くらいのアクセス数で落ち着いています。多いときだと30件くらい、少ないときは10件くらいでしょうか。これが、FP2級の受検日記は44件でした。おそらく、受検した人がいろいろと調べていたのでしょう。このサイトの人気ランキングでも2位につけています。しかし、それをきっかけに定着してくれる人はほとんどいなかったようです。
 
興味を持っている人は多いようですから、連載してみる価値があるのかもしれません。ただ、勉強日記のようなものは3級の学習中にも書いてみたものの、あまり意味を感じられなかったので10回くらいでやめてしまいました。新サイトにも移行していません。
 
書くとしたら、学習中に気づいたポイントや、行政書士業務とも関連する相続分野についての情報などでしょうか。例によって、「思いつきで書いたはいいが、たいした効果は出なかった」という結果になりそうですが。
 
まあ、とりあえず合格してからですね。
 

NoImage

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……