マックに新商品

新しいMacBook Pro(とAir)が発売されました。性能が上がったのはもちろんのこと、15インチの一部モデルについては軽量化もされたようです。例によって、商品の説明を読んでいると新しいものが欲しくなってきます。
 
現在は、MacBook Air(MBA)とCinema Display(20インチ)を組み合わせて使っています。
 

13インチとはいえ解像度がけっこう高いこともあり、たいていはMBAの画面のみで間に合います。ですから、普段は外付けディスプレイは切っています。でも、たまに2画面のほうが効率よく進む作業もありまして。
 
作業によっては、外付けディスプレイのみという場合も。
 

クラムシェルモードというやつです。
 
MBAを立てれば机の上が広くなるため、WinPCも使うときなどに重宝しています。
 

MacのキーボードでWinに打ち込もうとしてしまうこともありますが……。
 
この状態を多用するなら、最初からiMacでよいのではないかという気もします。今どきSSDがオプションなのは気に入りませんが、値段のわりにかなり高性能ですし。
 
iPadを使えば2画面にもなります。
 

Air Displayというアプリです。タッチ入力もできますので、使いようによってはとても便利なのではないかと。まあ、実際に活用したことはないのですが。
 
ただ、iPadは解像度がやたらと高いので、設定によってはこんな表示になってしまいます。
 

さすがにこれでは文字が読めません。
 
新型のBook Proも解像度はかなり高いです。そこまで必要ない気もしますが、写真を表示したときはもちろん、文字を拡大したときなどにもその性能が発揮されます。
 
……話が広がりすぎてしまいました。結論としては、経済的な事情で今回は見送りということです。
 

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……