夜の街を昼に歩く

広報部の会議で芸者さんの話題が出たので、中町界隈を歩いてみました。
 
スナックやパブなどは、近所に学校や病院があると開業できません。そのため、行政書士が店の周りを歩いて調査することがあります。今回もそんな雰囲気で歩いてみました。そうでないと足を踏み入れにくい路地もありますし。
 
いわゆる「歓楽街」ですから、歩いているとなかなかおもしろいものが見られます。三崎町の交差点から北西の地域には、芸者さんのいるお店も何軒かあるようです。
 
三業組合

柳の木が目印なのでしょうか。ちなみに、ここは八王子三業組合というところです。芸者さん関連の事務所みたいなものでしょうか。「見番(けんばん)」ともいうそうです。
 
6月23日(土)には、「芸者さんと歩こう! 八王子中町 花街探検ツアー」というイベントが開催されるそうです。ただ、先着30名とのことですから、すでに予約が一杯かもしれません。興味のある方は、八王子三業組合に問い合わせてみてください。
 
芸者さんというと、一般的には東京の下町や京都などのイメージが強いように思われます。あとは石和などの温泉街でしょうか。私も最近までは八王子にも芸者さんがいることを知りませんでした。聞くところによると、多摩地域では八王子にしかいないそうです。
 
高尾山と芸者さんの組み合わせなら国際的な観光地になってもおかしくないのに、そうならないのが八王子の良いところでもありダメなところでもあるのかなと思いました。
 

三業組合

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……