次の一手もあいかわらず

数日前の記事に書いたとおり、現時点では、総合サイト(生活相談所)よりも専門サイト(法務相談所)のほうが検索の上位に来るようです。しかし、専門サイトは固定ページがメインということもあって、更新がなかなかはかどりません。
 
おととい、遅ればせながらサイトマップを作ってみました。
 

まだスカスカです。宅建業の解説も完成していません。このサイトマップが埋まっていくと、それなりのサイトになりそうな気もします(仕事につながるかどうかは別として)。
 
ただ、業務解説サイトにたどり着く人は、知りたい情報を手に入れた時点で満足するはずですから、そのサイトに再訪問してくれることはまずないでしょう。その点、日々更新されるブログならば、固定客が何度も訪れてくれる可能性もあります。
 
しかし、専門サイトにこのブログと同じような分量を書いていくのは、時間的に厳しいものがあります。ネタもないですし。
 
そこで、「業務関連の細かい情報をブログ形式で投稿していく」という案を考えました。たとえば、「『登記されていないことの証明』は九段下まで行かないと取れません」みたいな内容です。頻度や文字数に縛られずに気づいたことを投稿していけば、更新が続けられるうえにお役立ち情報も蓄積されて一石二鳥ではないかと。
 
まあ、士業のブログはそういうものが一般的なのかもしれませんが……。
 
ともかく、専門サイトにはブログの設定をしていないので、まずはそこを整備しなければなりません。細かい部分にこだわらなければ、来週中になんとかなるのではないかと思っています。
 

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……