職印ケース作り

職印のケースを作ったのは、開業から1か月ほど経ってからのことでしょうか。看板と同じく、もらってきたひょうたんを活用しています。
 

やはりこちらも水に漬けずに干してしまいました。そして、2010年の大晦日に作業を開始です。
 

あまりきれいではないですね。種を取り出して表面を磨いてみます。
 
そこからしばらくは放置です。なんとなく職印ケースにすることを思い付いたので、5月から作業を再開しました。
 

鉛筆で印をつけて……
 

彫刻刀で切り込んでいき、ぱかりと割ってみました。わたを取り、内側を小豆色に塗ってから、表面を塗りやすいように養生します。
 

お盆のナスみたいですが、意外とこういう作業が成功の鍵を握っているような気がします。
 
表面には黒の漆を塗りました。
 

厚く重ね塗りをしたうえで、水研ぎをしてみます。
 

背面には名前を入れてみました。ほかの人のものと区別がつけられるように。
 
これはこれで、なかなか渋い感じです。つや消しというやつでしょうか。漆の仕上げ方としては間違っているのかもしれませんが……。
 
この状態から、コンパウンドを用いて磨きをかけていきます。漆用のコンパウンドは粗めのものしか見つからなかったため、ホームセンターで車の塗装などに使うものを買ってきました。
 
栓を作るのが面倒だったので、紐を通してごまかすことに。
 


使っているうちにつやが出てくるのでしょうか。
 


中身はこんな感じになっています。けっして使いやすくはないものの、けっこうお気に入りの一品です。

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……