営業用車両の整備をしました

お盆休みなので仕事とはあまり関係ない話でも。
 
営業用車両のオイル交換をしないまま1年が過ぎてしまいました。この1年間の走行距離が1000km少々とはいえ、なんとなく落ち着かないものがあります。
 
バイク用品店でオイルを買えば無料で交換までしてもらえるので、平日の夕方にでも行って作業をお願いすることもできました。しかし、今回はフィルタの交換を経験しておきたかったので、用品店では商品だけ買って帰ってきました。
 
フィルタはここに収納されています。
 

どちらも8mmのボルトです。左側はディープソケットがないと厳しいので、前回は交換できませんでした。
 
内側のカバーも8mmで固定されています。
 

ボルト自体は簡単に外せましたが、カバーが貼り付いていて引き出すのに苦労しました。
 
フィルタを外すとこんな感じです。
 

構造上、ケースの内側にオイルが溜まるようです。
 
溜まったオイルを拭き取り、カバーとピンをパーツクリーナーで洗浄します。
 

まあ、だいたいですね。
 
そして新しいフィルタをピンと一緒に差し込むと。
 
0813_05

そういえば、ピンの向きはあっていたのだろうか……。
 
手で押し込んでも入りきらないので、プラスチックハンマーでコツコツと。
 

実際はウエスをあてて叩いたのですが……。
 
ワッシャーを交換し、ドレンボルトを締めてから新しいオイルを注ぎます。
 

ちょうど2リットルでこのくらいでした。オイルさえあればもう少し入れたいところです。
 
ひさびさにリアを持ち上げたので、チェーンもきれいにしておくことに。
 

少し走らせてみたら、チェーンオイルでホイールが真っ黒になりました。あいかわらず加減がわかりません。
 
近いうちにテスト走行をしなければなりませんね。

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……