プリンタとコピーとFAX

※旧サイトから移転しました(2015.05.30)
 
20120822代書屋といわれるだけあって、行政書士は書類を作成する機会が多いです。
 
パソコンやワープロが普及する前は、すべて手書きで作業をしていたのでしょう。複写の場合はカーボン紙を利用していたようです。宮城県で被災自動車の抹消登録を手伝ったときには、この形式で書類を作っていました。
 
現在ではパソコンとプリンタの組み合わせで書類を作る人がほとんどだと思われます。また、副本の作成にはコピー機があると便利です。そして、作った書類はスキャナで取り込んでおけば、保管場所にも困りません。さらに、お客様によってはFAXでの連絡を希望されますから、こちらも用意しておくべきでしょう。
 
置き場所を考えると、すべてが一つになった複合機は理想的です。しかし、ある機能の調子が悪くなると、修理のためにほかの機能も同時に使えなくなってしまう危険性があります。
 
そんなわけで、複合機が壊れてしまった私は、近所のセブンイレブンから支部会員へのFAXを送信してみました。
 
ちなみに、非通知からの受信を拒否している相手には送れないようです。

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……