車庫証明との縁

宅建業の次に車庫証明の解説を作ってみました。トップページを除いて4ページです。文章につまることもそれほどなく、2日ほどでだいたいの形ができあがりました。ほかの業務もこれくらいでできればよいのですが。
 


画像が少ないので、自分で絵を描いて追加してみることも考えました。「車庫の出入口よりも車幅が広くて入れない図」などを想像して楽しんではいたものの、それをやり出すとまた時間がかかってしまうため、今回は手を出さないことにしておきます。
 

こんな感じです。載せなくて正解でしょうか……。
 
車庫証明でそれなりの報酬を得ようとするのであれば、自動車の名義変更などもセットで扱うべきでしょう。自動車登録に関しては宮城県で鍛えられたこともあり、やろうと思えばなんとかなりそうではあります。しかし、報酬の設定などがよくわからず、なかなか積極的になれません。軽自動車協会は遠いですし。
 
お客様の駐車場まで出向いてナンバーの交換をする「出張封印」もできたほうがよさそうです。しかし、この業務を扱うために受けなければならない研修が、原発賠償の相談員を担当する日と重なってしまいました。まあ、例によって、研修を受けたからといって仕事が回ってくるわけではないのですが。
 
とりあえず、次はこのサイトに車庫証明の「依頼の流れ」を載せようと考えています。ただ、FAXで書類が送られてくるパターンも入れたいので、FAXが修理から戻ってくるまでは保留ですね。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「やる気あるのかな」と思ったら

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……