ついにFAXも復活した代書屋

修理に出していた複合機が戻ってきました。
 

費用の問題で修理はしていないのですが……。
 
ともあれ、これでようやくFAXも使えるようになりました。みなさまに迷惑をかける要素が一つ減ったわけです。
 
この2週間で、FAXを送らなければならない機会が一度だけありました。あのときはセブンイレブンのFAXを利用したのですが、非通知からの受信を拒否している2名の方には送ることができず、電話で確認させてもらうことになってしまいました。
 
また、広報部から支部役員への連絡が1件あり、その担当もすることになりました。こちらは基本的にメーリングリストを利用します。そして、FAXでの連絡を希望している方たちには、ほかの広報部員から送っていただきました。
 
しかし、メールに添付するファイルを印刷してFAXで送信してもらったので、返信先には私が指定されたままです。そのため、お一人だけとはいえ、受信できない私の番号にFAXを送ってくださる方も出てきてしまいました。着信履歴に残っていた番号を名簿で調べて電話をかけ、なんとか内容を確認することはできたものの、こちらの都合で迷惑をかけてしまいました。
 
お客様からの連絡はなかったので、その点は助かりました。もっとも、これまでFAXでのお問い合わせを受けたことは一度もないのですが。
 
それはともかく、せっかくFAXが開通したのですから、会報の配送を中止してもらうための書類を東京会へ送ってみることにしました。
 

ペーパーレス化に向けた連絡をFAXでしか受け付けていないのはさすがですね。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「事情があるんだよ!」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……