節税セミナーを受けて思う

保険屋さんの紹介で「不動産オーナーのための節税対策」というセミナーを受講してみることにしました。私自身は、投資用の不動産はもちろん、住居用の不動産も持っていないのですが……。
 
しかし、今月からAFPの認定を受け、プロフィールにもファイナンシャル・プランナーの肩書きを入れるようになりましたので、その手の知識も勉強しておいたほうがよいかなと思いまして。
 
今回のセミナーは、主に不動産の賃貸を事業とする人に向けた内容でした。大ざっぱにいうと、家賃収入にかかる税金をいかに減らすかということです。このへんに詳しくなると、宅建業者との会話にも厚みが出るのではないでしょうか。
 
ただ、本音をいうと、人に貸すほどの不動産を持っている人には、税金もどんどん払ってほしいところです。相続や贈与の勉強をしていると、「資産が数億円あるので、相続のときに不動産をいくつか手放すようかもしれない」みたいな事例が出てきます。農家でもなければ、住むところさえあれば十分だと思うのですが……。
 
保険や税金の知識がなくて苦しい生活をしているような人に対して有効なアドバイスができるように、これからも勉強は続けていくつもりです。でも、富裕層の節税対策みたいなものは、正直、どうでもいいかなと考えています。向こうも私など相手にしていないでしょうし。
 
目指すのは、プロレタリア・ファイナンシャル・プランナー(PFP)でしょうか。
 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「労働してからいえよ」と思ったら

NoImage

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……