ヒルフェの研修が始まりました

いよいよヒルフェの研修が始まりました。
 
これからの約3か月で、4時間の研修を8回受けていきます。はっきりいって楽ではありませんが、せっかくですから、手を抜かずに受講していこうと思っています。ただ、気合いが入りすぎていたせいか、明大前で乗り換えるところを新宿まで寝過ごしてしまい、初日から遅刻しそうになったのはここだけの話です。
 
今回は成年後見人に選任されてからの具体的な手続きの話が中心で、以前から聞いていたとおり、実務に直結した内容が盛りだくさんでした。実務経験の豊富そうな講師が、手続きを進めるうえで押さえておくべきポイントを解説してくださり、とても聴き応えがありました。展開も早く、油断していると置いていかれてしまいそうです。
 
本人の財産について親族がもめている案件もめずらしくはないようで、相続争いの前哨戦とでもいえるようなものに巻き込まれそうになることもあるようです。気づかないうちに特定の親族に肩入れしてしまうと後々面倒なことになりますから、そこは細心の注意が必要でしょう。
 
そういった話を聞くと、やはり遺言・相続と成年後見をセットで考えられるようになっておくべきだと感じます。中心業務に据えるかどうかはともかく、これから相談を受ける機会が増えてきそうな分野ですから、しっかり勉強していこうと考えています。
 
また、とりあえず今年度はヒルフェの正会員になったのですから、腹を決めていろいろ協力していこうとも思っています。
 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「まあ、がんばってよ」と思ったら

NoImage

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……