学習支援のお手伝いをすることに

福祉系の電話相談員を一緒にしている方からのご紹介で、学習支援のお手伝いをすることになりました。事情があって学校に通えなかった人たちを対象とした、相模原市の委託事業のようです。それほど遠くはないので週に1回程度の通勤なら問題ないのですが、できれば地元の八王子でやりたかったところです。
 
そこには高卒認定(旧大検)を目指している人もいるため、高校レベルの質問にも対応しなければなりません。そして、英語と数学についてもまったく手を着けないわけにはいかないようです。そのようなわけで、いろいろと苦労をしそうではありますが、私自身にとっても学び直しをする良い機会となりそうです。
 
事務所経営との兼ね合いもあるため、週に1度くらいのペースでお手伝いできたらなと考えております。アルバイトとしてはそれほど良い条件ではないものの、貴重な経験を積むことができるでしょうから、採算などはあまり気にしないで、しばらく関わっていきたいと思っています。
 
金曜日に顔合わせのような感じで少しお手伝いさせていただきました。いきなり高校レベルの二次関数などが出てきて焦りましたが、やはり教えることには独特のやりがいを感じます。ただ、試験のレベルすらわかっていないので、これからいろいろと研究していかなければなりません。
 
行政書士としてだけでなく、いろいろな面で成長していきたいものです。
 
【参考】(リンク切れ)
支援プログラム「まなびなおし」(さがみはらパーソナルサポートセンターHP)
 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「まあ、がんばってよ」と思ったら

NoImage

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……