ドキュメントスキャナとPDFソフトとMac

細かい仕事が溜まってきたので、火曜日の夜に書き出してみました。
 

なんだかんだいってアナログです。
 
水曜日にほかの作業と並行して細かい作業をつぶしていくことに。夕方の段階でまだ半分くらい残っていたものの、なんとなく部屋の掃除に手を着けてしまいました。学生時代の試験前を思い出します。
 
研修の資料などが溜まってきたため、スキャナで取り込んで処分できたらだいぶ片付くなと考え、ネットでドキュメントスキャナというものを検索してみました。8月の終わりに買ったプリンタのスキャナは、値段なりの性能ですから。そもそも、両面スキャンができませんし。
 
Amazon先生で調べてみると、AcrobatXの付いている商品が35,820円で売られています。(2012.10.03現在)
 

 
もしやと思って帳簿を調べてみたら、6月の初旬に、電子定款用にAcrobatXを36,400円で購入していることに気づきました。ひどく損した気分です。
 
悔しいのでそのことを記事にしているわけですが、リンクを張るためにAmazon先生で再検索してみたら、また新しいものを見つけてしまいました。
 

 
なんとMac用のAcrobatが付いています。一つ前のバージョンですが、こちらはProのようです。クラシック環境との兼ね合いでしょうか。よくわかりません。
 
Macには「プレビュー」というアプリが入っていて、最初からPDFへの書き込みやファイルのPDF化ができるようになっています。ただ、テキストの書き込みに関しては、けっして使いやすいものではありません。
 
そんなわけで、ちょっと悩んでいるところです。
 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「安くないからね」と思ったら

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……