不可解なアクセス

きのうの朝、ほぼ日課となっている「人気記事チェック」をしてみたところ、驚くべき結果が表示されました。
 

直前の24時間に、「専門サイト制作日記04」という4月9日付の記事に対して100件ものアクセスがあります。2位の記事でも5件ですから、異常な数値といえるでしょう。
 
題名どおり専門サイトを作っていたころの記事なのですが、あれから半年が経ち、CSSをいじる機会も少なくなった今となっては、私自身でさえ読む気が起こらない代物です。
 
これまでにも、一日に数十件のアクセスという記事はありました。WordPressの更新に失敗したときFP2級を受けたときの記事などがそうだったはずです。どちらも同じ経験をした人が検索した結果でしょうから、アクセス数が一時的に増えたことにも納得がいきます。
 
しかし、今回の記事に関しては、思い当たる節がまったくありません。また、シリーズものであるにも関わらず、04だけにアクセスが集中していて、ほかの記事につながっている様子もないようです。かりに何らかのキーワードで引っかかったとして、100名もの人が見てくれたとしたら、その中の何名かは03や05、もしくはトップページなども見てくれるのではないでしょうか。
 
そう考えると、まともなアクセスではないような気がします。ちょうど100というのも気になりますし。
 
気になったので、きょうの朝まで待ってからグーグル先生でアクセス数を調べてみました。
 

赤が60件のラインです。やはり100を越えてはいません。
 
プラグインのエラーでしょうか。悪いウィルスが原因でなければよいのですが……。
 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「気にするなよ」と思ったら

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……