マックに新商品2012秋

iPad miniの陰に隠れて、いろいろと発表されました。
 
まずは、iMacから。こちらはひさびさに筐体も新しくなりました。5mmのエッジが強烈な印象を与えます。しかし、中央部分にはけっこう膨らみがあるようです。真横からの画像が少ないのはそのせいでしょうか。画面もRetinaではなく、いまひとつな感じが否めません。
 
また、記憶装置があいかわらずHDDというのも疑問です。MacBook AirのようなBladeSSDにすれば、全体の厚さを8mmくらいにできたのではないでしょうか。まあ、動画をいじる人には大容量HDDのほうがよいのでしょうが。
 
Mac miniは、あいかわら中途半端な感じです。クアッドコアのCPUが選べるようになったものの、グラフィックスがオンボードのみになってしまいました。私のAirには一世代前のグラフィックスが搭載されているのですが、画像にフィルタをかけたときなどにつらさを感じます。miniにそこまで求めてはいけないのでしょうか。
 


 
MacBook Proの13inchには、Retinaディスプレイのモデルが追加されました。15inchと同じように、通常モデルよりも薄くて軽い筐体になっています。しかし、こちらもグラフィックスはオンボードのみのようです。
 
総合すると、現行では15inchのRetinaモデルに一番そそられるのですが、たまに持ち運ぶことを考えると価格的に足踏みしてしまいます。映画『ドラゴン・タトゥーの女』の中でも、持ち運んでいるときにBookProを壊してしまう場面がありましたし。
 
まあ、現実的に考えると最初から手が出ないのですけれど……。
 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「またかよ」と思ったら

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……