京王線ダイヤ改正に思う

11月5日に京王電鉄から発表がありました。来年2月からのダイヤ改正とともに、北野駅にも特急が停車するようになるそうです。
 


私が高校生のころはまだ準特急というものがありませんでした。たしか15時台までは特急と急行が約10分の間隔で新宿を発車していたはずです。そして、16時からは特急と通勤快速の組み合わせになっていたように記憶しています。
 
15時台までの特急が高幡不動から各駅停車に乗り換えられたのに対して、16時からの特急は府中で乗り換えなければなりませんでした。また、通勤快速は「東府中から先、各駅に止まります」という有り様で、新宿から北野までは50分くらいかかっていました。
 
それが劇的に変わったのは、準特急が新設されたときです。現在では、新宿から北野までを40分弱で運んでくれる電車が10分間隔で運行しています。特急はほとんど見かけなくなり、「目が覚めたら高幡不動を過ぎていたので、北野を無情に通過して京王八王子まで運ばれる」という不幸もなくなりました。
 
ですから、今回の改正にはそれほどありがたみを感じていません。むしろ、不安を抱いているほどです。
 
なぜなら、相模原線に新宿直通の特急が新設されるからです。まだ本数が少ないようですが、これから増えていく可能性は十分にあります。そして、いつか橋本から新宿への特急が主流になるかもしれません。そうなってくると、都心へ向かうときや都心から帰ってくるときに調布で乗り換えるのは、北野方面に住む我々ということになってしまいます。
 
橋本の発展(と八王子の衰退)を考えると、いつかそんな日が来てもおかしくありません。ここはひとつ……府中にがんばってもらわないといけませんね。
 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「ちがうでしょ」と思ったら

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……