反省会に参加する

10月初旬に開催された、「第7回八王子古本まつり」の反省会に参加してきました。
 

なかなか味のある字体です。しかし、「反省会」だけ力が入っていないようにも見受けられます。じっさい、反省会というより懇親会のような感じだったのではないでしょうか。
 
行政書士の街頭無料相談会については準備の段階からお手伝いをしていたものの、古本まつり自体の運営にはまったく関わっていなかったこともあって、これまでほかの参加者との交流はほとんどありませんでした。そのせいか、当日も「まつりに参加している」という感覚はあまりなかったような気がします。
 
しかし、今回の集まりに参加することによって、一部とはいえ、ほかの団体の方たちともお話しすることができました。次に参加するときは、周りの人たちとも積極的に交流して、古本まつり自体を盛り上げていきたいところです。
 
いろいろと反省して次回以降は改善したほうがよい点もありそうですが、とりあえず今回は参加者同士の親睦が深まっただけでもよいのではないでしょうか。参加している人たちが一体となって盛り上がっていれば、まつり全体の雰囲気が良くなって見物に来た人たちも楽しめるでしょうし。
 
次回の古本まつりは、来年の春に開催予定です。行政書士会の参加予定はないため、客として地元のまつりを見物してみようと思っています。今年の春は雨の日が多かったので、来年は天候に恵まれるとよいのですが……。
 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そればかりはね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……