行政書士事務所の名称を考える

「全国法務相談所」というところからメールが送られてきました。おそらく、士業向けホームページを作成してまとめて案内するようなサービスなのではないでしょうか。しかし、なんとなく読む気が起こらなかったので、このボタンを押しておきました。
 

せっかくのご案内でしたが……。
 
どうやら、事務所名が「はちおうじ法務相談所」なので検索に引っかかったようです。そんなわけで、またしても「法務相談所」という名称について考えてみました。
 
事務所名に「法律」という言葉を入れられるのは弁護士さんだけだと知って「法務」にしたことはたしかなのですが、最初は「法律相談所」で考えていたのかというと、そのへんの記憶ははっきりしていません。『行列のできる……』というテレビ番組のことは知っているものの、まともに見たことは一度もありませんし。
 
そのようなわけで「法務」という言葉にそれほど思い入れがあるわけでもなく、じっさい、ホームページの名称も現在は変えています。ただ、開業当初から「802houmu.jp」というドメインを使っていることもあり、事務所名までは変更していません。メールアドレスの変更などは周知が面倒ですし。
 
ちなみに、最近では、行政書士のイメージに合っているのは「総務相談所」なのではないかと思っています。行政書士の監督省庁は法務省ではなく総務省なのですから、その点からしてもこちらのほうが適当でしょう。
 
まあ、そんなことよりも、「相談所」を名乗っておきながらお客様を招く場所がないことについて、まじめに考えなければならないのですが……。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「まったくだ」と思ったら

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……