WinPCの持ち運びをかたくなに拒む

原発賠償の相談員をする日は朝から東京へ行ってしまいます。そして、帰りは早くても18時半ごろになるため、お役所関係の仕事はほとんど進めることができません。もっとも、仕事の開始は9時半からなので、その前に溜池山王の郵便局に寄って書類を発送するくらいのことはできるのですが。
 
先日、定款の電子認証を急いで申請しなければならない状況に遭遇する機会がありました。そういうときに限って相談員を担当する日が重なるものです。そこでMacを溜池山王まで持っていき、公証役場と連絡を取りつつ依頼主と書類のやり取りをしたのですが、電子申請のソフトはMacに対応していないため、公証役場が開いている時間帯に申請することはできませんでした。
 
だったらWinノートを持っていけばよいのではないかという意見もあるでしょう。しかし、私のWinPCにはWordが入っていないため、公証役場から定款を補正するようにいわれたら困ってしまいます。
 

普段はMacでWord2011を使っています。
 
外出先で補正と申請を可能にするのであれば、MacBook Airだけでなく重たいWinノートまで持ち歩かなければなりません。しかし、それはさすがに大変でしょう。
 
これからも相談員を続けるのであれば、AirにWindowsをインストールして、ノートPCとして使っていくのも一つの手なのかもしれません。そうすれば、iMacを追加購入しても、Airが無駄になりませんし……。
 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そこまでするか」と思ったら

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……