歩く、ただ歩く

頭の中を整理して考えをまとめる方法は人それぞれのようで、暗くて狭い部屋に閉じこもってひたすら自分を追い込んでいく人もいれば、壁際で逆立ちしてひらめきが出るのを待つ人もいるようです。
 
私の場合は、外を歩いているときにちょっとしたことを思いつくことがあります。調子が良いときは、そのまま歩きながら考えを発展させていき、自分なりにまとめられることもあります。
 
ただ、最初からあるテーマについて考えようと思って歩き始めても、なかなかそのことには集中できないようです。それよりも、日ごろから考えていることが自然と思い浮かんできたときのほうが、うまくいくような気がします。
 
また、歩く場所もけっこう重要なようで、都心を歩いているときなどは、ほとんど集中することができません。いつも生活しているところに比べて、目と耳から入ってくる情報量が多すぎるからではないでしょうか。
 

どうせなら静かなところを歩きたいものです。
 
もちろん、考え事をするためだけに歩いているわけではなく、健康のためにも意識的に歩くようにしています。ただ、少し前からなんとなく体が走りたがっていたようで、ためしに走り出してみたら意外とがんばれることがわかりました。走るのは昔から苦手だったので、自分でもけっこう驚きです。
 
そんなわけで、最近はNikeのGPS付き腕時計が欲しくなっています。ただ、走っているときは考え事をしている余裕もないので、あまり長続きしないかもしれませんが……。
 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「好きにしなよ」と思ったら

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……