介護保険事業者指定申請の復習を

知り合いのケアマネさんが独立してデイサービスを始めようとしているそうで、会社の作り方などについて質問を受けました。ちょうどよい機会なので、介護保険事業者の指定についても復習してみることにしました。
 

UPADというアプリの練習も兼ねています。
 
調べてみて初めて知ったのですが、平成24年4月1日の指定からは、「指定前研修」の受講が必要になっていました。申込は指定を受ける3か月前の末日までです。つまり、4月1日の指定を目指すのであれば、1月末までに研修の申込をする必要があるということです。
 
申込書にも法人名を記入する部分がありますので、それに合わせて会社設立の手続きもしておかなければなりません。逆に考えると、法人化してから指定まで、最低でも2か月間は空いてしまうということです。1月に設立して12月の決算だと、初年度は4月からの9か月で勝負をすることになります。
 
申請の際には事業所の平面図や写真も添付します。ですから、建物の賃貸借契約を結んだうえで、備品を設置しておく必要があります。許認可の世界ではめずらしくないことですが、申請から指定までの1か月以上は、営業をせずに設備を遊ばせておかなければならないということです。
 
春ごろの開始を目指しているそうなので、1月に会社を設立して研修に申し込み、2月に研修を受けてから申請をして、3月に審査を受けて4月1日から指定というところでしょうか。老人福祉法の設置届などについては、これからもう少し調べてみます。
 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「頼りないな」と思ったら

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……