ヒルフェ基礎研修06

前半は「高齢者虐待防止法」と「障害者虐待防止法」の概説でした。担当は「法務省人権擁護委員」もされているヒルフェの会員、つまり行政書士です。
 
「児童虐待防止法」を始めとして、虐待を防止するための法律があることは知っていましたが、細かい内容については調べたことがありませんでした。ちなみに、家庭内の虐待を防止するための法律としては、「配偶者間暴力等(DV)防止法」も含まれるそうです。
 
「老老介護」や「介護離職」といった問題が話題になっているように、介護する側にかなりの負担がかかっていることも多く、その負担に耐えきれなくて虐待を行ってしまう人もいるようです。そのため、虐待を受けた高齢者や障害者を保護するのはもちろんのこと、虐待を行ってしまった養護者も支援の対象となっています。
 
成年後見人も、一人で問題を抱えずに福祉の専門家などと連携していくことが大切だと感じました。
 
 
後半は行政書士による事例研究でした。
 
いくつかの事例を挙げて被後見人とのやり取りなどを説明してくれましたが、どの案件でもそれなりの苦労はあるようです。考えてみると、新たに受任するたびに、支援の必要な家族が増えるようなものですから、心が安まらないことも多いでしょう。「稼ぎたいのならほかの仕事にしたほうがいい」ということばが印象的でした。
 
「行政書士ならでは」というお話はとくに聞けなかったものの、成年後見業務に対する意識がまた少し深くなったような気がします。
 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「まだまだだろ」と思ったら

NoImage

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……