仕事がないと話題もないが

お正月休みはいつも以上に気を抜いて過ごしていたからか、ブログに書くことがなかなか思い浮かびません。
 
日ごろから仕事の話を書いているわけではないものの、やはり仕事中に思いついたことなどが記事の元になっていることも多いようで、仕事のことを考えないようにしていると、おのずと関連した記事も浮かんでこないようです。
 
というより、休みだからといって目覚ましをかけずに眠り、さらにいつもより多めに昼寝をしているせいで、単純に頭の働きが悪くなっているだけのような気もします。
 

寝袋で寝ているわけではありませんが……。
 
なんとなく記事にできそうな話が頭をよぎることもあります。調子の良いときはそういった思いつきから発展させて記事にすることもあるのですが、調子が悪いとき、つまり現在のように頭の働きが鈍っているときなどは、ぼんやりと浮かんだ考えを頭にとどめておくことができません。
 
かき集めて整理したいものが手元からこぼれて散ってしまうような感じです。この抽象的な表現についても、うまいたとえが思いつきませんでした。
 
まあ、だからといって調子が良いときは優れた記事が書けるのかというと、べつにそんなこともないのは悲しいけれども厳然たる事実なわけです。
 
それでも更新を続けているのはもはや意地なのかもしれませんが、とにかく「365本連続投稿」まではがんばっていこうと考えています。
 
振り返ってみると、もっと早い時期に投稿を止めておけばよかったのかなと思う今日この頃です。
 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「ホントにね」と思ったら

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……