原付二種と大型自動二輪を比べる

お正月休みで頭が鈍っているせいか、とある大型バイクが欲しくなってきてしまいました。万が一にも事業用の資金に手をつけてしまっては困りますので、本当に必要なのかどうかを考えてみます。
 
現在は原付二種に乗っています。なんといっても、30円で八王子バイパスに乗れるのが魅力的です。また、50ccのように30kmの速度制限や二段階右折の規制もなく、交通の流れに乗るのも容易です。さらに、ガソリン1リッターで50kmくらい走ってくれますから、長い目で見ればけっこうな節約になります。
 
これが大型になると、八王子バイパスの料金は250円にはね上がります。制限速度は原付二種と同じです。しかし、油断するとスピードが出すぎてしまうため、いろいろと注意しなければなりません。燃費は1リッターで20kmも走れば御の字のようです。しかもハイオク指定なのでかなりの差が出てくるでしょう。
 
こうして比べてみると原付二種が圧倒的に有利なような気もしますが、やはり高速道路に乗れないのが痛いところです。下道だけでの移動となると、一日で移動できる距離は片道で100kmくらいでしょうか。
 
……そう考えると、埼玉や神奈川ならほぼ全域をカバーできることになるわけです。
 
やはり大型はなくてもなんとかなる気がしてきました。スクーターならシフトチェンジがないので革靴が傷むことはありませんし、カバーをかけずに保管しても心が痛むこともありません。
 
ただ、冬はカバーをかけないと朝が大変なのですが。
 
0107seat

本格的な寒さはこれからです。
 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「カバーかけなよ」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……