少し長い目で見る

2週間ほど前に、折り込みチラシをご覧になったお客様からお問い合わせをいただきました。相談の結果、すぐにご依頼という流れにはならなかったものの、やはり反応があるのはうれしいものです。もっとも、ここで終わってしまったら、自己満足以外の何物でもなくなってしまうのですが。
 
いちおう、あのチラシでも目に留めてくれる人はいるようなので、しばらくはこの路線で進んでみようと考えています。12月の初旬に決めたとおり、次回からはA3で作成して4か月ごとに発行していく予定です。
 
すぐに結果が出るほど甘くないことは承知しているつもりですが、地道に継続していけばそれなりの効果が出てくるのではないかという期待はあります。これは、「努力は必ず報われる」などという精神論ではなく、私の経験によるものです。
 
昨年の秋ごろ、コンビニで何気なく手にしたコーヒーが気に入って、機会があるごとにそれを飲んでいました。「マウントレーニア」という銘柄の存在を意識したのはそのときが初めてです。
 
しかし、年末に『マーヴェリック』という映画をひさびさに見たのをきっかけに、ジョディ・フォスターのことをネットで調べてみたところ、ウィキペディアの「CM出演」欄に「マウントレーニア」と記されています。
 
0129mt

これはマウント富士ですが……。
 
たしかに、私が高校生のころに、「ジョディといえばカフェラッテ」というCMが流れていました。そのことは今でも覚えています。しかし、当時はただぼんやりと眺めていただけで、それが「マウントレーニア」のCMだったことに気づくまでには、およそ20年の月日を要しました。
 
そんなわけで、私の発行しているチラシも、いつか何かのきっかけで必要としている人の目に留まるかもしれません。まあ、20年もかかるのはちょっと勘弁してもらいたいところですが。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「精神論と大差ないな」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……