帳簿を見て反省する

開業から2度目の確定申告が近づいてきました。
 
今回は、会計ソフトに頼らずに、表計算ソフトで出した数字を国税庁のホームページに打ち込んで申告書を作成してみます。Numbersの段階で貸借対照表と損益計算書がそれらしくできていますので、おそらく計算は合っているはずです。
 
この自作帳簿を公開したときの記事が、気づいたら人気ランキングの4位になっていました。記事を見てみると、現時点で4件の「いいね!」がついています。本当にダウンロードした人がいるということでしょうか。まあ、最終的な計算は国税庁がしてくれますので、私の作った表のせいで査察を受けるようなことはないとは思いますが……。
 
それはともかく、帳簿を見直すと、あらためて経営状態の悪さを感じます。
 
昨年は原発賠償などのおかげでなんとか生き延びることができたものの、開業初年度の赤字を取り戻すという目標を達成することはできませんでした。そのようなわけで、今年も納めるべき所得税はありません。
 
そうなると、電子申告をしても税額控除の恩恵が受けられませんので、面倒な設定をするのは今回も見送り、紙に印刷して会場へ持っていくことにします。Macでの電子申告に不具合が発生しているようですし。
 
0204shinkoku

今年は八王子税務署ではなく、ダイエーの6階が申告会場になるそうです。
 
そんなわけで、本当は「個人事業主が経費に算入できるのはどこまでか」というテーマで書いていく予定だったのですが、気がついたらぜんぜん関係ない話になってしまいました。経費のことについては、そのうち書いてみようと思います。
 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「べつにいいよ」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……