少数派の悩み

原発賠償の電話相談を担当するときは、機構に備え付けのWinPCを使っています。海外メーカーのPCなので余計なソフトはあまり入っていないようです。我々が使用するソフトはWordとIEくらいでしょうか。そのせいか、気づいたらストレスを感じることがなくなっていました。
 
それに対して、私が持っている国内メーカーのPCは、何かにつけて時間がかかります。ハードの性能としては機構のPCよりも上のはずなのですが、動きがやたらと遅く感じられるのは、独自のソフトが常駐しているせいでしょう。起動してからネットの閲覧ができるようになるまで数分かかります。
 
そんなこともあって、現在でもほとんどの作業はMacでなんとかやっています。ただ、たいていのことはなんとかなるものの、定款の電子認証などは対応できないため、やはり一本に絞るわけにはいきません。
 
また、日本語に弱いのもMacの難点なのではないでしょうか。
 
0228garble

送られてきたファイル名の文字化けも、よくあることだと諦めています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「仕方ないよね」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……