理事会から組織運営を学ぶ

土曜日は八王子支部の理事会でした。
 
0312director

4月の総会で報告する事項について、理事を始めとした役員が疑問点などを挙げていきます。とくに、今年度の決算報告と来年度の予算案については、なかなか厳しい意見も出ていました。
 
考えてみると、会員から会費を集めて支部を運営しているのですから、お金を出している人が納得できる説明を用意しておくのは、当然のことといえます。
 
そもそも、理事会といえば、株式会社の取締役会の役割を担う機関です。資金を出している会員は、株主に当たります。そう考えると、(株主)総会での報告事項を煮詰めていくのは、ひじょうに重要なことです。
 
一部の鋭い意見を聴きながら、なんとなく組織の運営というものを感じることができました。組織では末端で働いた経験しかないせいか、これまでは広報部の仕事さえしていればよいだろうという感覚でしたが、それは根本的に間違っていたようです。
 
来期も理事に選ばれたら、組織や会員の利益というものを意識して動いていこうと思いました。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「選ばれたらね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……