ブロガーの苦労を思う

「識者」といわれる人たちのブログを集めたサイトを見ていたら、悪い意味で気になる記事がありました。
 
納得いかなかったので記事に対するコメントも読んでみると、大半は批判的な内容になっています。それを読んで安心してしまうのが、私の弱いところです。
 
それはともかく、その筆者に少し興味が湧いたので、ほかの記事も読んでみることに。その筋では有名な方のようで、ほとんどの記事には批判的なコメントがたくさんついています。それほど問題とは感じられなかった記事に対しても、言葉尻をとらえて攻撃しているような人がけっこういました。
 
0320hip_catch

さすがにそこまで行くと、薄ら寒いものを感じます。批判的な意見は、ときにありがたいものではありますが、やたらめったら責められるのは勘弁してもらいたいところです。
 
そう考えると、支部の集まりなどで出会った人から「ブログ読んでますよ」といわれて、たまに恥ずかしい思いをしている程度の現状が、私にとってはちょうどよいのかもしれません。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうかもね」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……