自分の力不足を感じる

木曜日は市民相談の担当をしました。
 
0323consul

一人につき30分ですから、油断していると、あっという間に制限時間一杯になってしまいます。
 
今回は遺留分について説明する機会がありました。しかし、その名称を始めて知る相手に仕組みを伝えるのは、なかなか厳しいものがあります。しかも、最初から「遺留分について説明します」という構えで応対しているわけではなく、問題点をはっきりさせるまでにも多少は時間がかかります。
 
やはり、ある程度はこちらから誘導して、早めに問題点を整理することも必要なのでしょう。ただ、できれば相手のペースで話してもらいたいので、そのへんのさじ加減は本当に難しいです。電話を中心に年間で500件くらいは相談を受けているはずなのに、あまり上達していないような気もします。
 
そして、もちろん、相手が理解しやすい解説をしたいところなのですが、こちらについてもまだまだです。これは実務経験の少なさが原因なのではないでしょうか。
 
来年度はまだ先輩と組む予定なので、いろいろ勉強させてもらおうと考えています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「まあ、がんばってよ」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……