資料のデータ化に手間取る

スキャナを買ってから10日ほど経ちました。研修の資料など、普段はまず見返すことのない書類がそこそこ溜まっていますので、そのあたりを少しずつ片付けています。
 
もちろん、このまま一度も見返すことがないものも含まれているでしょう。また、なければないでなんとかなりそうな資料もたくさんありそうです。
 
そういったものは、いっそのこと捨ててしまってもよいのではないかという気もします。しかし、データ化すれば物理的な空間はほとんど必要なくなりますので、なるべく残す方向で動いています。
 
手が空いたときや集中できないときなどにコツコツと進めていけばよさそうなものですが、なかなかそうもいかないようです。まあ、期限があるわけではないので、そのへんは適当にやっていこうと考えています。
 
読み取りの速度はかなりのものです。両面を同時に読み取れるのには驚かされました。ただ、ホチキス止めされている資料が多いので、その処理がけっこう面倒ではあります。
 
0326stapler

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「まあ、がんばってよ」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……