経験から今後の展開を考える

行政書士として開業してから、もうすぐ丸2年になります。
 
0401cherry

アルバイトや派遣も含めると、これまでにいろいろな職種を経験してきました。どの職場でも、最初のうちは仕事がなかなか覚えられなくて苦労をしたものです。しかし、失敗を重ねるうちに、いつの間にか周りの足を引っ張らない程度にはなっていたような気がします。
 
そんなわけで、入社してからしばらくすると「長岡くん成長したね」という評価を受けることが多いのですが、それはおそらく、最初の印象があまり良くないおかげなのでしょう。
 
それはともかく、仕事を続けていると、自分でもなんとなく「伸びている」と感じる時期があるのは事実です。そして、行政書士としては、まだそういう感覚を味わっていないので、今年度こそ少し期待できるのではないかと思っています。
 
もっとも、頭打ちもわりあい早く、ずば抜けて仕事ができるようにはならないのが悲しいところです。2サイクルエンジンのパワーバンドのようなイメージでしょうか。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「まあ、がんばってよ」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……