積載量増加計画その2

その2 固定金具の取り付け
 
今回は、ボックスの台座を固定するためのステーを取り付けます。
 
カバーの上にステーを直接載せて重量をかけるわけではないので、間にスペーサー(アルミの筒)をかませることにしました。
 
0407PCX07

ネットで長さ30mmのナットを使っている人を見つけたので、それに合わせてみました。ちなみに、ボルトの太さは8mmです。
 
カバーに開けた穴から通してみます。
 
0407PCX05

60mmのボルトでは長すぎました。この後、50mmを買ってきたのですが、それでもまだ長かったです。ネジ穴が20mmくらいあるように見えたのですが。
 
ステーの位置を確認。
 
0407PCX08

本体の穴は、横が120mmで縦が75mmくらいです。なかなか合うものがなくて苦労しました。今回は時間がないので、文字通り「間に合わせ」です。
 
またホームセンターへ行って、今度は40mmのボルトを買ってきてました。
 
0407PCX09

どうやら、前に下がる構造だったようです。後ろのボルトにワッシャーを追加して調整することも考えましたが、箱が水平に近いほうがよいのではないかと考え、このままねじ込んでおきました。
 
横のステーも組み合わせてみます。
 
0407PCX10

とりあえず、形にはなりました。
 
ここまでで作業工程の3割くらいでしょうか。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「先が長いな」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……