段取り八分

連載1周年を越えてからは、1本の記事につき400字を意識して書いています。
 
原稿用紙にして約1枚の分量です。ツイッターは最大140文字なので、約3倍というところでしょうか。なかなかマス目が埋まらなくて苦労することもありますが、逆にまとめきれないことのほうが多いです。
 
600文字だったころは、300文字を過ぎたあたりからまとめを意識した流れに持っていくと、なんとなくうまくいっていたような気がします。しかし、400文字の場合、300文字くらいまでつらつらと書いてしまうと、最後の約100文字でまとめるのはなかなか厳しいものがあります。
 
途中の文章を省いて強引にまとめてしまうこともよくあり、自分では以前よりも文章が荒れているのではないかと感じています。まあ、もともとたいしたものではありませんでしたが。
 
文字数が少なくなった分、書き始める前の骨組みを作るのに時間をかけ、出だしからまとめまでの流れをしっかりと決めておく作業が重要になってきそうです。
 
0418pre

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうかもね」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……